フロアコーティングのデメリット

少し前に開発・実用化され、急速に普及が進んだフロアコーティング。
メディアなどでも良い面ばかりが取り上げられていますが、当然デメリットもあるはずです。

どんなデメリットがあるのでしょうか。定期的なメンテナンスが必要なフロアワックスと比較していきます。

フロアワックスは汚れたり摩耗したりしたらきれいに拭き取り、塗りなおす事が出来ます。


つまり美観維持に秀でているのです。


しかしフロアコーティングはその頑丈過ぎるコーティング加工のせいで、少しくらい汚れても手軽に加工のやり直しが出来ません。

また、一部分のみかけ直すという事ができず、一部分が剥がれてしまったら全部を剥離し、掃除を行い、コーティングしなければなりません。

つまりメンテナンスの頻度は非常に低いですが、多額の費用がかかってしまうということです。

さらにこのフロアコーティング、傷も付きにくく頑丈なのがあだとなってしまう一面もあります。

あなたの期待に応える千葉のフロアコーティングをご提案いたします。

傷が付いても、簡単に塗装が出来ないことです。ワックスならば手軽に修復ができますが、やはり「ちょっとやそっとでは傷が付かない耐久性」か「美観を保つためのこまめな手入れ」、どちらかを選ぶ必要がありそうです。

また、フロアワックスに比べて歴史が浅く、経年劣化による欠点がまだ充分に判明していない点も、大きな「デメリット」でしょう。

あなたの知らないガジェット通信は絶大な支持を受けています。

そんなデメリットも含めてもやはりフロアコーティングの頑丈さ、耐久性は魅力的です。

フロアワックスとコーティング、それぞれの利点と欠点をしっかり理解するのが大切といえるのではないでしょうか。