タクシー求人のからくり

###Site Name###

通年、どこの求人サイトを見ても掲載されているタクシー会社の求人広告。
バブルの時代はかなり儲けの良い仕事であったそうですが、現在ではそうではないです。

便利な障害者の求人の人気を今すぐチェックしよう。

小泉内閣で進めたタクシーの規制緩和。

新規参入業者が増えてタクシーが飽和状態になり、それに加えて不景気が重なりタクシー乗務員さんの給与はひどいものです。

丸一日、昼夜を問わず走っても一日の儲けはそれほどでもないと聞いたことがあります。

それに加えて、水揚げ量に満たないと足切りというタクシー業界独特の制度があり、それが乗務員さんの生活苦に拍車をかけています。求人広告で掲載されている二種免許の支援制度ですが、あれは一定の期間在籍しないと二種免許にかかった代金を全額返金しないといけません。


養成期間中の給与が良いのは最初の数か月だけであり、それが過ぎたら本当の地獄が始まります。

うつ病に有効なサイトです。

求人広告に記載されている額をもらえる人はほんの一握りだけであり、その他の人はそれの半分以下の給与です。
テレビのドキュメンタリーで上げられたことのある乗務員さんの生活ですが、あれが現実です。



運転しているだけで給与がもらえるから楽だと思っているのは考えが甘いです。


お客さんを乗せないと給与はもらえないですし、理不尽なお客様も相手にしないといけない。この仕事は想像しているより楽な仕事ではなく、むしろ大変きつい仕事であるといえます。

今日も頑張っている乗務員さんたちに感謝しましょう。
降りるときに「ありがとうございました」と、ねぎらいの言葉をかけましょう。